プロフィール

フォトアルバム

はるさん

自然大好き人間です。春は山菜採り、夏は海に潜り、秋はぎんなん、栗拾い、冬は- - -?とアウトドアライフをenjoyしています。  長年テニスを楽しんでいたのですが腰を痛め、手術する羽目に。手術後リハビリのつもりで山歩きを始めたのですがはまってしまい、現在、九州百名山を中心に山歩きを楽しんでいます。

アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 2015年11月 | メイン | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月28日 (月)

八方ヶ岳・鞍岳に登る・熊本県 2015年12月20日

 今年の締めくくりに一日に三座を目指そうと思い、八方ヶ岳・鞍岳・俵山を候補に挙げましたが、仕事の都合でスタートが遅れ二座にとどまりました。

*八方ヶ岳に登る(1052m)*

自宅出発(7:31)~山鹿着(10:00頃)~矢谷登山口入口(10:40)~登山口(10:46)~一番目のはしご(10:55)~水くみ場(10:56)~穴川分岐(11:26)~二番目のはしご(11:41)~斑蛇口分岐(12:02)~八方ヶ岳山頂(12:15)~下山開始(12:22)~穴川分岐(12:57)~登山口(13:39)

矢谷登山口入口の少し先に駐車場がありますが

Sn3r0549

Sn3r0550

登山口の手前にも駐車場はあります。

今日もT君に先行してもらいます。

Sn3r0551_2

冬の定番、マムシ草の実が出迎えてくれました。

Sn3r0597

一番目のはしご(10:55)*画像クリックで拡大できます*

Sn3r0555_2

水くみ場(10:56)

Sn3r0556

穴川分岐に着きました。(11:26)T君が待っててくれました。

Sn3r0560

Sn3r0561

岩の間に差し掛かったときに

Sn3r0562

つらら?(氷柱)を発見しました。

Sn3r0565

景色は開けず、上りが続きます。

Sn3r0567

二番目のはしご(11:41)

Sn3r0568

Sn3r0569

斑蛇口分岐に着きました。(12:02)

Sn3r0573

 山頂に着きました。(12:15)

Sn3r0580

山頂から次の目標の鞍岳が見えます。待ってろよ~鞍岳。

Sn3r0575_2

 鞍岳めざして下山開始です。(12:22)

Sn3r0581

 登るときは山頂に着くことに気持ちが入っているので周りの景色が目に入りません。下から上を見上げる状態のため視野が狭くなっているのも原因です。逆に下山する時は一応の目標を果たしたので気持ちに余裕ができ、常に上から下を見下ろす状態なので視野も広くなります。従って景色が登るときよりもよく見えます。

穴川分岐(12:57)

Sn3r0588

薄陽差し 山茶花あかく 道しるべ

Sn3r0589 

木がねじれています。こぶしに見えませんか。

Sn3r0590

岩をつかむ手?

Sn3r0591

反対側から見ると

Sn3r0593

柱状節理

Sn3r0592

Sn3r0594

ざわざわと音が聞こえてきたので雨が降ってきたのかなと思ったら滝でした。

Sn3r0595

Sn3r0596

もう一つ滝です。

Sn3r0598

登山口に帰ってきました。(13:39)鞍岳へ向かいます。

Sn3r0599

*鞍岳に登る(1118m)*

鞍岳・伏石登山口(15:11)~森林コース・女岳分岐(15:30)~山頂到着(16:31)~下山開始(16:40)~伏石登山口(17:35)

  菊池のコンビニで昼食を済ませ、鞍岳に向かいました。馬の鞍の形の山が近づくにつれて、わくわく感が増してきました。

Sn3r0601 

Sn3r0603

伏石登山口です。(15:11)

Sn3r0604

Sn3r0605

山頂までこういう標識がいくつかあります。助かります。

Sn3r0606

T君は余裕があります。妖怪 一反木綿?

Sn3r0607

一旦林道に出てまた登山道に入ります。

Sn3r0608

森林コース・女岳分岐(15:30) 森林コースを行きます。

Sn3r0609

しばらく岩ごろの道が続きます。

Sn3r0612

山頂らしきものが見えてきました。(15:54)

Sn3r0614

(15:57)

Sn3r0615

馬頭観音へ行く余裕はありませんでした。山頂をめざします。(16:17)

Sn3r0616

見通しの良い分岐に着いた。(16:25)と思ったら、T君はもう山頂にいました。(T君から16:08に山頂着と連絡がありました。)

Sn3r0617

最後の登りです。

Sn3r0619

山頂到着。(16:31)

 

Sn3r0624

阿蘇方面です。

Sn3r0629

Sn3r0620

どれが八方ヶ岳かな?

Sn3r0621

 

Sn3r0626

 17時過ぎには日が暮れてしまうので山頂にゆっくりしておられず、すぐに下山を開始しました。(16:40)

Sn3r0628_2

 途中で暗闇が迫ってきましたが、ただひたすら歩き続け、何とか登山口にたどり着きました。着いたときにはお月様が輝き始めていました。(17:35)

Sn3r0630

 下山後、四季の里旭志で温泉につかり疲れを癒し、帰路に着きました。

2015年12月22日 (火)

多良岳(996m)と経ヶ嶽( 1075m)に登る・2015年7月28・29日

中山キャンプ場(6:15)~多良岳まで2km標識(6:30)~多良川水源地(7:02)~金泉寺分かれ(7:18)~多良岳山頂(7:48)~金泉寺(記録なし)~中山越(10:02)~経ヶ嶽山頂(11:30)~下山開始(11:55)~中山キャンプ(13:35)

 今回は一泊で多良岳と経ヶ嶽を攻めることにしました。

7月28日:この日は有田の天竜神社の護摩供養に参加し、そのあと多良町の中山キャンプ場に向かいました。宿泊客は私一人だけでした。ロッジは素泊まりで一泊1500円。照明はありません。ひぐらし蝉が日没夕闇ぎりぎりまで泣き続け、すっかり暗くなると多良川の瀬音がざわざわと絶え間なく聞こえてきました。部屋の中は暗く、ロッジの周りも暗闇、しかも一人ぼっちなので、ざわざわ音がいっそう引き立ちました。

7月29日: 翌朝4時に目が覚め、何時に登山開始しようか、コースはどうしようかと何度も地図を取り出しては確認し、もう眠れませんでした。車に戻りしばらく本を読み、空が白み始めるのを確認すると早めの朝食をとり、登山準備にかかりました。

さわがにさんが迎えてくれました。(画像クリックで拡大できます。)

Sn3r0409

Sn3r0410 

登山口です。登山開始。

Sn3r0411

Sn3r0413

Sn3r0416

オオキツネノカミソリは今年は色が薄いとのこと。井原山で見かけたやつも前回より色が薄いと感じました。

Sn3r0420

Sn3r0419

Sn3r0421 

金泉寺分かれ(7:18):ここに役の行者様が祀られています。

Sn3r0423

多良岳へ向かいます。

Sn3r0424

山頂:多良岳山頂では四方雲に覆われ良い景色は望めませんでした。

Sn3r0427

金泉寺:立派なお堂と山小屋がありまし。ウイークデイなので番人さんはいません。ここからオオキツネノカミソリの大群落を見るために西野越に行きたかったのですが方向がわからず、経ヶ嶽へ向かいました。(写真なし)

 中山越:中山越を過ぎた辺りからずっと下り道なので、このままだと道路へ出てキャンプ場へ戻ってしまうのではないかと不安になり、下り始めて10分位して下り初めて地点まで戻り、経ヶ嶽への道を探したのですが見つかりません。役の行者様が私を試されているのだと思い、また同じ道を下り始めました。すると20分位して中山越の標識にたどり着きまし。私の勘違いでした。そこから約1時間で経ヶ嶽山頂に到着しました。途中、垂直に思える鎖場が100m程あり、苦戦を強いられました。(10:02)

Sn3r0428

そうめん岩です。おいしい水をいただきました。(10:38)Sn3r0429

 経ヶ嶽山頂には先客が一人いたので証拠写真を撮ってもらおうとしましたが、電池切れでできませんでした。予備のバッテリーも切れてしまい、また来いということかと自分に言い聞かせ、昼食をとりました。

 反対側から25名の団体が上がって来たので、休憩を切り上げ、下山を開始。下りは急登の別ルートがありましたが慣れた道が安全だと考え、同じルートをたどりました。

 中山キャンプ場になんとか辿り着き、無事下山したことを管理小屋に報告し、帰途につきました。

 帰宅後、枕と寝袋をキャンプ場に忘れたことに気づき、連絡を入れるとあるとのこと。後日取りに行くことを伝えました。これすべて役の行者様のなせる業でしょうか。後日再び経ヶ嶽を目指すこととなりました。

2015年12月17日 (木)

経ヶ嶽2回目・1076m 佐賀県・長崎県  2015年8月1日

 *画像クリックで拡大できます*

Pap_0087

中山キャンプ場に忘れ物を取りに行くのを兼ねて、経ヶ嶽に再トライすることにしました。

中山キャンプ場(11:03)~中山越(11:40)~そうめん岩(12:16)~平谷越(12:32)~山頂(13:07)~下山開始(14:10)~直登道平谷越経由分岐(14:45)~中山越(14:50)~中山キャンプ場(15:21)

登山開始です。

Pap_0086

中山越に着きました。(11:40)

Pap_0072

そうめん岩です。(12:16)

普段なら水流がそうめんのように見えるのですが。*前回参照

Pap_0084

 平谷越でひと休み。(12:32)

 ここから鎖の岩尾根を登り山頂へ向かいます。

 その岩尾根にはかなり急な岩壁があり、スリル満点でした。

Pap_0083

山頂に着きました。(13:07)

Pap_0081

経ヶ岳から多良岳(奥)を望む。

Pap_0076

五家原岳を望む。

Pap_0078

山頂では蝶々がLove Loveでした。

Pap_0079

休憩時間にはきれいなカメムシや

Pap_0074

かわいい蝶々もやってきました。

Pap_0075 

 帰りは岩尾根ではなく直登道を下り、中山越へ向かいそこから同じ道を通りました。 その直登道下りで滑りこけて左足ふくらはぎが肉離れになりかけました。痛みがひくまでしばらく休憩して、なんとか下山しました。

無事下山、疲れたぁ~(15:11)

Pap_0071

このあと福岡に戻り、大濠公園の花火大会を見て帰りました。

Pap_0063

Pap_0069

Pap_0068

Pap_0062

Pap_0065

Pap_0067

貫山・カルスト地形の大パノラマに魅了される 2015年8月23日

吹上峠駐車場(8:59)~大平山(おへらやま)(9:40)~四方台(10:28)~貫山山頂(11:00)~下山開始(12:00)~茶ヶ床園地(13:00)~平尾台自然観察園(13:30)~吹上駐車場(14:06)

今回の登山は終始草原の中、日陰のない地を歩きました。急登あり、足元の見えないやぶこぎありと厳しい登山でありましたが、カルスト地形のすばらしい眺めが暑さと疲れを忘れさせてくれました。

            画像クリックで拡大できます。

Pap_0044_2

吹上峠から大平山への急坂を登っていきます.

Pap_0057

急坂を抜けて

Pap_0050

大平山に着きました。ここまで40分間の登りでかなり疲れました。

Pap_0047

石灰岩の露岩群は羊の群れに見えたり,石像の群れに見えたりしました。時々立ち止まって眺めると360度の緑の草原のパノラマが眼前に広がり、その向こうには香春岳、津江の山々、英彦山群、福知山系が眺められました。

Pap_0051

Pap_0045

Pap_0043

Pap_0038

Pap_0039

Pap_0040

Pap_0044

四方台に着きました。ここから林道を横断して、貫山への急坂を登ります。

Pap_0031 

貫山に向かう最後の坂道を半分以上登り切ったところで、周防灘が見えてきました。私はこのとき貫山が九州百名山の一つであるゆえんが解ったような気がしました。前半は草原とカルスト地形、後半は海、この眺めのすばらしさは文句のつけようがないからでした。

Pap_0035

山頂からの眺めです。

Pap_0034

 約1時間山頂付近の木陰で休憩をした後、山頂の少し向こう側にある展望所・国見岩の上に乗り、本州方面を双眼鏡で眺めました。山あいに関門橋がかすかに確認できました。その先に下関、本州があると思うと感慨もひとしおでした。

平尾台で出会った花さんたち

ノヒメユリ

Pap_0028

キキョウ

Pap_0042

サイヨウシャジン

Pap_0049 

 なでしこ

Pap_0030

アキノキリンソウ

Pap_0033

2015年12月16日 (水)

足立山・いい汗かきました(598m・福岡県)2015年12月09日・晴

 明日どこかに登りたいと思っていましたが、明日は午後から天気が悪くなるとのこと。午前中に用事を済ませ、今から行けるところはどこかと探したら、北九州市にある足立山が時間的に可能だと判り、行くことにしました。

足立山(霧ヶ岳)は九州百名山の一つです。

  小文字山登山口(14:00)~小文字山山頂(14:40)~次のピーク(14:54)~休憩(15:06)~ほぼ中間地点(15:11)~足立山(霧ヶ岳)山頂(15:40)~下山開始(15:50)~妙見山登山口(16:36)~ 小文字山登山口(17:18)

Pap_0499 

足立山森林公園の紅葉がきれいでした。

Sn3r0430

小文字山登山口前の駐車場です。

Sn3r0437

いざ出発。

Pap_0529

Pap_0528

最初は階段が続きます。

Pap_0525

岩場が見えてきました。

Pap_0524 

Pap_0522

その先は下りです。

Pap_0523

(14:22)

Pap_0521

上りがずっと続きますが

日本の木漏れ日百選に選ばれた森の中を歩きます。

Pap_0520

Pap_0519

Pap_0518

Pap_0517

Pap_0516

森を抜けようや景色が見えてきました。(14:38)

小倉の市街地と皿倉山です。

Pap_0512

Pap_0514

北の玄界灘です。

Pap_0511

小文字山山頂に着きました。(14:40)

テーブルの後ろは何が植えてあるのかな。

Pap_0506

足立山へ向かいます。

Pap_0510

次のピークに着きました。(14:54)

ここで妙見神社から反対方向に登ってきた同年輩の男性に会い

しばらく話をしました。

Pap_0504

ここから少し先にある倒れた鉄塔からの眺めです。

足立山(左)と妙見山(右)です。

Pap_0499_2 

ここからアップダウンが続きます。

ほぼ中間地点に着きました。(15:11)

Pap_0498

山頂に着きました。(15:40)

Pap_0497

山頂に野イチゴの花が咲いていました。

Pap_0493

見上げればうろこ雲。

Pap_0491

下山開始(15:50)

山頂付近から小文字山を望みます。

Pap_0490

妙見山登山口に降りてきました。(16:36)

Pap_0484

Pap_0487

 ここから小文字山登山口に戻る途中で、山中で会った男性に再び会い

立ち話をしました。彼は半年前に脳梗塞になり、現在リハビリ中とのこと。

お互いの山の体験談に花を咲かせ、「またいつかどこかで会いましょう。」

と言って別れました。

2015年12月10日 (木)

虚空蔵山に登る・低山でも楽じゃない(608m・長崎県)2015年9月 4日

Sn3r0554 

 川棚町の木場に行かなければならないのを東彼杵町の木場に行ってしまった

ために登山開始がかなり遅れてしまいました。

 木場登山口(13:37)~コース分岐(冒険コースへ進む)(13:28)~

はしごを渡る(13:34)~寺屋敷跡(13:45)~鎖場(14:08)~

山頂(14:18)~下山開始(14:35)~コース分岐(14:57)~登山口(15:07)

虚空蔵山は九州のマッターホルンと呼ばれ、その山姿は見事なものです。

(その写真を撮りそこねました。)

 コースがファミリーコースと冒険コースに分かれていました。登りは冒険コース、下りはファミリーコースを辿りましたが、楽に登れるという案内に反してどちらも険しい箇所がありました。

登山口です。

Pap_0928 

Pap_0927

冒険コースへ進みます。

Pap_0926

岩の間を通り、梯子を渡ります。

Pap_0925

Pap_0924

寺屋敷跡です。

Sn3r0533

しばらく行くと山頂への標識があり、ここから急登と鎖場が続きます。

Sn3r0535

Sn3r0537

Pap_0920

Pap_0919

ようやく山頂に着きました。

Pap_0917

山頂からの眺めです。太良岳と経ヶ岳かな?

Pap_0915_2

 下りはファミリーコースをたどり、無事登山口へ帰り着きました。

登山口の目安

2015年12月 4日 (金)

志々伎山に登る(347m)・九州本土最西端の山 2015年9月11日

 今回は長崎県平戸市にある志々伎山を目指しました。遠かったぁ~。まだ完成していない西九州道を通り、それからはずっと下道を走り、着くのに三時間半かかりました。

  福岡市から車で二時間半ようやく見えてきました。あれかなぁ。

Pap_0904

Pap_0903

 だんだんと近づいてきました。

Pap_0902

   阿弥陀寺前到着。

Pap_0901

    

  この看板の横に咲いていました。

Pap_0866  

 阿弥陀寺横に「800m下に駐車場があります。」と立札があったので探しに行きましたが発見できず、そのまま港の方へ降りて行ってしまいました。そこで発見。

 なんだ~ このとんがりは~ ここに登るのか~ *画像クリックで拡大*

Pa0_0899

結局看板のところまで戻り、そこから登ることにしました。

阿弥陀寺(12:45)~登山口(13:05)~腰掛け岩(13:23)~草履置場(13:47)~山頂(14:15)

~下山開始(14:20)~稚児の塔(14:57)~阿弥陀寺(15:23)

   登山開始(12:45)

Pap_0895

Pap_0894

Pap_0893

登山口です。左へ上ります。(13:05)

Pap_0892

急な登りです。

Pap_0891

腰掛け岩(13:23):昔、武将がこの岩に腰かけたまま落命したと書いてあります。

この岩に腰掛けて休みたいのですがそれを知ると気味が悪くて休めません。素通りしました。

Pap_0890_2

尾根に出ると海そして山頂の岩峰が見えてきました。遠くには五島列島が見えます。

Pap_0889

Pap_0887

草履置場(13:47):志々伎山は修験道の場で昔は皆ここで草履を脱いで裸足で登ったそうです。

Pap_0885

またもや急登です。そこを抜けると

Pap_0884

平戸方面が見えてきました。

Pap_0883

ダンギクかな?

Pap_0880

Pap_0882

 山頂に近づきましたが、急な岩場が続き、ロープを伝って慎重に登ります。

Pap_0879

振り返ると絶景です。怖いけど

Pap_0873

やっとあの尖がりのてっぺんに着きました。(14:15)

Pap_0878

Pap_0874

 帰りの時間を考えるとゆっくりしておられず、すぐに下山を始めました。(14:20)

稚児の塔(14:57)

Pap_0870

帰ってきました。(15:23) これから三時間半の運転 きついよ~

Pap_0868

 

2015年12月 2日 (水)

万年山に登る・天空への道を行く   2015年9月14日・晴 

Pa0_0841_3

 

S氏と万年山に登る。(1140m)

登山口(12:08)~山頂(13:00) ~下山開始(13:50)~登山口(14:30)

距離的には物足りない登山でしたが、ススキ・ツクシフウロ・ツリフネソウ、そして今回お目当てのマツムシソウと様々な草花に出会えて感動しました。     

      万年山で出会った草花 *画像クリックで拡大*

      すすきはエビ色に色づいていました。

Pap_0817

   ツリフネソウ:山の草花に興味を持ち始めた私にとって感動でした。

Pap_0861

      吾亦紅(ワレモコウ)

Pap_0860

      ヒゴタイ

Pap_0852

      筑紫風露(つくしふうろ)

Pap_0851

      そして山頂にはマツムシソウがたくさん咲いていました。

Pap_0835

          

      この道沿いにたくさんの草花が咲いていました。

Sn3r0613

      この山を目指します。

Sn3r0611

      この上りの石畳はちょっときついかな。      

Pap_0845

 山頂への道は舗装されていて歩き疲れる感もありましたが、すすきの道熊笹の道と天空へ続くすばらしい山路にまた感動しました。

Pap_0843

Pap_0848 Pa0_0841_2

      山頂に着きました。

Pap_0840_3

  山頂からの眺めは西に英彦山、南に九重連山、阿蘇五岳と360度のパノラマが展開しこれまた感動。万年山が九州百名山の一つたる由縁がわかったような気がしました。

      切株山方面

Pap_0830

      由布岳方面

Pap_0850

      涌蓋山方面

Sn3r0623

      九重連山を説明した看板です。写真に入りきりませんでした。

Pap_0834

      他にもキノコや木の実が・・

      シラヤマギク

Pap_0827

Pap_0821

Pap_0844

Pap_0826

       無事下山してきました。

Pap_0864