プロフィール

フォトアルバム

はるさん

自然大好き人間です。春は山菜採り、夏は海に潜り、秋はぎんなん、栗拾い、冬は- - -?とアウトドアライフをenjoyしています。  長年テニスを楽しんでいたのですが腰を痛め、手術する羽目に。手術後リハビリのつもりで山歩きを始めたのですがはまってしまい、現在、九州百名山を中心に山歩きを楽しんでいます。

アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 万年山に登る・天空への道を行く   2015年9月14日・晴  | メイン | 虚空蔵山に登る・低山でも楽じゃない(608m・長崎県)2015年9月 4日 »

2015年12月 4日 (金)

志々伎山に登る(347m)・九州本土最西端の山 2015年9月11日

 今回は長崎県平戸市にある志々伎山を目指しました。遠かったぁ~。まだ完成していない西九州道を通り、それからはずっと下道を走り、着くのに三時間半かかりました。

  福岡市から車で二時間半ようやく見えてきました。あれかなぁ。

Pap_0904

Pap_0903

 だんだんと近づいてきました。

Pap_0902

   阿弥陀寺前到着。

Pap_0901

    

  この看板の横に咲いていました。

Pap_0866  

 阿弥陀寺横に「800m下に駐車場があります。」と立札があったので探しに行きましたが発見できず、そのまま港の方へ降りて行ってしまいました。そこで発見。

 なんだ~ このとんがりは~ ここに登るのか~ *画像クリックで拡大*

Pa0_0899

結局看板のところまで戻り、そこから登ることにしました。

阿弥陀寺(12:45)~登山口(13:05)~腰掛け岩(13:23)~草履置場(13:47)~山頂(14:15)

~下山開始(14:20)~稚児の塔(14:57)~阿弥陀寺(15:23)

   登山開始(12:45)

Pap_0895

Pap_0894

Pap_0893

登山口です。左へ上ります。(13:05)

Pap_0892

急な登りです。

Pap_0891

腰掛け岩(13:23):昔、武将がこの岩に腰かけたまま落命したと書いてあります。

この岩に腰掛けて休みたいのですがそれを知ると気味が悪くて休めません。素通りしました。

Pap_0890_2

尾根に出ると海そして山頂の岩峰が見えてきました。遠くには五島列島が見えます。

Pap_0889

Pap_0887

草履置場(13:47):志々伎山は修験道の場で昔は皆ここで草履を脱いで裸足で登ったそうです。

Pap_0885

またもや急登です。そこを抜けると

Pap_0884

平戸方面が見えてきました。

Pap_0883

ダンギクかな?

Pap_0880

Pap_0882

 山頂に近づきましたが、急な岩場が続き、ロープを伝って慎重に登ります。

Pap_0879

振り返ると絶景です。怖いけど

Pap_0873

やっとあの尖がりのてっぺんに着きました。(14:15)

Pap_0878

Pap_0874

 帰りの時間を考えるとゆっくりしておられず、すぐに下山を始めました。(14:20)

稚児の塔(14:57)

Pap_0870

帰ってきました。(15:23) これから三時間半の運転 きついよ~

Pap_0868

 

コメント

コメントを投稿