プロフィール

フォトアルバム

はるさん

自然大好き人間です。春は山菜採り、夏は海に潜り、秋はぎんなん、栗拾い、冬は- - -?とアウトドアライフをenjoyしています。  長年テニスを楽しんでいたのですが腰を痛め、手術する羽目に。手術後リハビリのつもりで山歩きを始めたのですがはまってしまい、現在、九州百名山を中心に山歩きを楽しんでいます。

アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 2016年1月 | メイン | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月23日 (火)

嵐*光の道*宮地嶽神社 2016年2月23日

 今、嵐のCMで話題の光の道・宮地嶽神社へ行ってきました。今日がその日だったんです。たまたまラジオで聴きました。午前中は雨だったのに聴いた時は晴れていました。ラッキーです。嵐の人気は神です。今日ここに集えた人々に幸多かれ。嵐のコンサートのチケットが当たりますように。

参道の真正面に沈む夕陽を待ちわびる人々 *画像クリックで拡大*

Sn3r0899

 この真っ直ぐ伸びた参道の真ん中に夕陽が沈みます。           

Sn3r0914

 

                        

Sn3r0904_3

Sn3r0906

Sn3r0908_4

Sn3r0909_2

Sn3r0910_2 

  沈んでしまいました。毎年、年二回 「光の道・夕陽のまつり」として宮地嶽神社で開催されたいたのですが、嵐のCMの影響で今日はこんなにヒト・ひと・人

「右側通路を空けて下さい。」と神社スタッフさんががんばって声をかけています。この時はまだ前方が空いています。

Sn3r0892

20分後

Sn3r0896

振り向けば

Pap_0947_2

この参道は日々の神様の通り道であり、階段の突き当たりには本殿がありました。

Sn3r0913

その後、今の本殿へ移築されたそうです。

Sn3r0919

大しめ縄

Sn3r0920

 

終わってから

お土産買う長蛇の列

Sn3r0925

Sn3r0924

私はお昼代わりに

松ヶ枝もち(よもぎと白 1ヶ120円)と

Sn3r0888

甘酒(一杯150円):本殿入口前右端にある売店で売ってます。下にある売店では瓶入りしか売っていません。

Sn3r0889

を買いました。今日も一日ありがとうございました。

2016年2月10日 (水)

九重中岳二回目・御池は完全に凍って、事故発生 2016年2月4日

 今回はわが友 I君に凍った御池を渡ってもらい、自然の素晴らしさを体験してもらうため九重中岳・御池を再び訪れました。

三俣山に昇る朝日(花山酔より写す)

Sn3r0812

 牧ノ戸登山口(10:57)~沓掛山(11:25)~扇ヶ鼻分岐(12:19)~久住別れ(12:54)~御池(13:12)~休憩(14:23)~中岳山頂(14:52)~下山開始(15:00)~御池(15:12)~扇ヶ鼻分岐(15:56)~牧ノ戸登山口(16:54)

牧ノ戸登山口(10:57)

Sn3r0768

 雪を踏みしめて登山開始です。

Sn3r0771

 沓掛山に着きました。(11:25)

Sn3r0773

前回は霧氷がきれいだったのですが、今回は見られません。御池が凍っているかどうか心配です。

Sn3r0776

扇ヶ鼻分岐(12:19)

Sn3r0777

星生崎と久住山が見えてきました。

Sn3r0780_2

冬の久住山は荒々しく見えました。(久住別れ手前より)

Sn3r0781

 久住別れより星生崎を臨む。(12:54)

Sn3r0782

Sn3r0783

Sn3r0784

もうすぐ御池に着きます。(13:07)

Sn3r0785

右側からやってきました。

Sn3r0786

御池に着きました。(13:12) ところが・・・

Sn3r0788

 凍った御池の上を歩いて転倒して、気を失った人が出るという事故が発生していました。その男性は靴にアイゼンをつけていなかったとのこと。湖面にははっきりとわかる血の跡が。私達は御池でお湯を沸かして昼食をとる準備にかかりましたが、そこへ救助のためのヘリがやってきました。

Sn3r0794

Sn3r0796

Sn3r0797

Sn3r0798

Sn3r0799

Sn3r0800

 男性はレスキュー隊員によって救助され、ヘリによって病院に搬送されていきました。その間、真下にいた私達はヘリの旋風のものすごさを体験しました。ちょうどバーナーで湯沸かし中だったのですが、小物類が吹き飛ばされそうで、それを抑えるのに必死でした。その後なんとか昼食にありついたのですが、熱いはずのコーヒーが旋風のためぬるくなっているのには驚きました。

 風よけの段ボールが吹き飛んで行ってしまいました。

Sn3r0795

寒いときにはカップヌードルに限ります。

Sn3r0793 

 休憩後、池を渡って中岳へ向かいましたが、もちろんアイゼンは装着しました。この事故に遭遇していなければ自分たちが油断して事故にあっていたかもしれません。

Sn3r0802

渡り切ったところから見た御池

Sn3r0804

中岳山頂と三俣山(14:52)

Sn3r0808

中岳頂上から見た坊がつると平治岳

Sn3r0806

凍った御池と久住山

Sn3r0807

再び御池を渡り

Sn3r0809

久住山を後にし

Sn3r0810

 無事戻ってきました。この日は花山酔に宿泊し、スタッフさんと山話に花を咲かせ、楽しい一夜を過ごさせていただきました。感謝。

Sn3r0811